<4>同じ市民 共に歩んで

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「帰国者のことを知ってもらい、共に歩んでいきたい」と話す劉代表(広島市中区で)
「帰国者のことを知ってもらい、共に歩んでいきたい」と話す劉代表(広島市中区で)

 ◇広島市中国帰国者の会 劉計林代表に聞く

 ◇なお残る偏見 まず理解を

 中国残留邦人やその家族らによる「広島市中国帰国者の会」は、広島市中区の基町地区を拠点に活動している。劉計林代表(61)に、活動内容や残留邦人が抱える悩みについて聞いた。

――会の活動について。

 現在、約170人の会員がおり、そのうち活動に参加している1世は40人くらいいます。主に市中央公民館で日本語学習のほか、太極拳や料理、舞踊などの教室を開いて、帰国者たちが心身ともに心地よく過ごせるように努めています。

――抱える悩みは。

 2008年に支援法が変わり、1世は以前より安心して生活できるようになりました。それでも、日本語が話せない人にとって病院や老人ホーム、デイサービスなどでコミュニケーションの壁は依然として大きいです。

 悩みは1世だけではなく、2世にもあります。1990年代以降、遅くに帰国した2世は1世と同じく日本語ができない人が多く、仕事も見つかりません。多くは50~60歳代になりましたが、1世と違って年金など国の支援もありません。

――差別や偏見もある。

 1世は中国での生活が長く、ゴミの捨て方やあいさつなど、生活習慣の違いから、周辺住民とトラブルになることがあります。数年前には、市営基町アパートの掲示板に「中国村」「出て行け」といった内容の落書きが見つかり、胸が痛みました。平和都市の広島で、こういう差別や偏見があってはいけないはずです。

 広島は原爆被害について知られています。しかし被爆者も残留邦人も、同じ戦争の被害者です。国策に従って苦しんだ残留邦人が、帰国後も苦しんでいるのは悲しいことです。

――将来や今後について。

 まずは帰国者のことを理解してもらいたい。特に若い人たちは残留邦人の苦難の歴史をほとんど知りません。私たちは未来に向かって日中友好の懸け橋となり、もうあのような悲劇のない世の中を作りたいのです。

 毎年、旧正月には交流行事を開いています。今年は200人以上が参加し、地域の方々ら約70人を招待しました。交流を通して帰国者の活動を知ってもらい、同じ広島市民として、共に前向きに歩んでいければと思っています。

(おわり。山上高弘が担当しました)

     ◇

 ◇知るべき歴史・存在 ――取材を終え

 被爆地・広島では原爆に関する話題が多い。私も戦争について考えてきたつもりだったが、中国残留邦人が抱える問題については不勉強だった。国策で海を渡り、置き去りにされ、家族を亡くし、帰国後も苦難を背負い続ける人たち。取材を重ねるうち、日本人と中国人のはざまで生きることを強いられた存在なくして、戦争を語ることはできないと思うようになった。

 世界では今も人種差別があり、排外主義も強まりつつある。それを取り上げ、批判する人は多い。一方で、身近に住む残留邦人に、私たちはどれほどの関心を持ってきただろう。

 「戦争は家族バラバラにする。同じこと起きないように、これからも伝えます」。白島小で、残留邦人の川添瑞江さん(79)が子どもたちに自らの人生を語った後、私に話してくれた。その言葉が今も胸に突き刺さる。

無断転載禁止
10355 0 祖国で暮らす-中国残留邦人のいま 2018/03/02 05:00:00 2018/03/02 05:00:00 「帰国者のことを知ってもらい、ともに歩んでいきたい」と話す劉代表(広島市中区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180302-OYTAI50000-1.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ