色とりどり彼岸花<井原鉄道 広島編>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

堂々川近くで咲き誇る彼岸花(福山市で)
堂々川近くで咲き誇る彼岸花(福山市で)
「鬼伝説」の残る八丈岩。岩に登ると周囲の町並みが一望できる(福山市で)
「鬼伝説」の残る八丈岩。岩に登ると周囲の町並みが一望できる(福山市で)

歴史ある逸話多く

 鉄道版のご朱印と言える「鉄印」。この季節、沿線が稲穂で黄金色に染まる井原鉄道の井原駅(岡山県井原市)で入手できる。点在する名所には歴史ある逸話が多く、興味をそそられる。

全15駅41・7キロ

 大半が高架の井原鉄道は、岡山県総社市から福山市までの4市1町の15駅(全長41・7キロ)を、ディーゼル車が約1時間で結ぶ。車体には黄緑、赤、紫の3色のラインがあしらわれ、それぞれ、沿線の「自然」「旧山陽道」「歴史」を意味する。

 そのラインが示す通り、途中下車すれば、〈歴史物語〉にあちこちで出会える。

合格祈願に切符

 源平合戦で扇の的を射抜いた弓の名手・那須与一はこの功により、現在の井原市付近に領地を賜った。井原駅の駅舎はこのエピソードに基づき、弓矢を模した外観となっている。駅前には扇のオブジェが設置され、シーズンには一発合格を祈願する受験生が、お守りの切符を買いに訪れる。

 福山市に入り、最初の駅が御領駅だ。近くの御領山には「鬼伝説」が残る巨岩・八丈岩がそびえ立つ。栗の多い御領山と、岩が多い向かい側の権現山ごんげんやまの鬼が、栗と岩を投げ合いけんかした。すると、御領山が岩だらけに、権現山が栗の多い山になったという。

 湯野駅(福山市)から10分ほど歩くと、江戸時代の漢詩人・菅茶山かんちゃざんら福山市神辺町ゆかりの文化人の作品を展示する「菅茶山記念館」がある。駅の北約2・5キロの堂々川どうどうがわ沿いでは、堂々公園から約1・8キロにわたって彼岸花が見頃を迎えた。地元住民らが2008年ごろから球根を植え始め、約22万本が赤や黄、紫など20色以上の花を咲かせる。

貸自転車で散策

 井原鉄道は土日祝日などに全線で1日乗り放題となる「スーパーホリデーパス」(中学生以上1000円、小学生以下500円)を発売中。総社駅でパスを提示すれば、古墳が点在する吉備路散策を楽しめる貸自転車が、無料になる特典がある。井原鉄道の鳥越肇・営業企画課長は「鉄印を通じて、田園風景の中を走る鉄道の魅力を感じて」とPRしている。(大島渉、岡信雄)

愛あるハート形

 井原鉄道の鉄印=写真=は、大河ドラマ「麒麟きりんがくる」の題字制作を手がけた、岡山県倉敷市出身の書家・中塚翠涛すいとうさんのデザイン。「Ibara Railway」の頭文字「I」と「R」から「愛ある鉄道」を名乗っており、鉄印もハート形になっている。扱っているのは、鉄印帳に貼りつける書き置き印。鉄印帳2200円、記帳料300円。井原駅で購入できる。

 記帳には別途、乗車券や入場券が必要で、井原駅の入場券には「一発合格」などの文字が入る。こうした切符を鉄印とともに収集できるのも魅力のひとつだ。ほかにも個性的な入場券の駅があり、「バラのまち」として知られる福山市の神辺駅はバラが印刷されている。問い合わせは井原駅(0866・62・6669)へ。

 各地域の「鉄印帳を携えて」も読めます。

無断転載・複製を禁じます
1536022 0 鉄印帳を携えて 2020/10/10 05:00:00 2020/10/13 19:20:27 咲き誇る彼岸花(福山市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201009-OYTAI50174-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ