福山地ビール うまさ“競演”

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

無料試飲会で提供される8種類の福山地ビール
無料試飲会で提供される8種類の福山地ビール

 ◇28日から醸造所 8種の無料試飲会

 福山地ビール醸造所「クラフトハート・ブルワリー」(福山市霞町)が、福山産のビールを広めようと、福山市内の飲食店を対象とした無料試飲会を28日から始める。新開発した期間・数量限定の銘柄を加え、8種類を用意。「地域ならではのドリンクを店の特色に」とPRしていく。

 醸造所は、酒類販売会社「ハートピア」(福山市曙町)が運営し、2015年から200リットルのタンクでビール造りを開始。鞆の浦沖にある仙酔島産の天然海水塩を使った「仙酔ドラフト」、福山市芦田町で栽培された食用バラを用いたピンク色の「カステロ福山ロゼ」など、定番の5種類を販売している。

 今年は新たに2種類を発売した。「瀬戸内グリーンレモンエール」は、尾道市・因島産減農薬グリーンレモンを使用し、酸味が程よいという。「カカオチョコレートエール」のカカオ豆は、尾道市向島町のチョコレート工場がタンザニアから直接仕入れた。このほか、神石高原町産の栗の香りを特徴とする「栗エール」も試飲できる。

 醸造担当の浜岡康太郎さん(48)は「えぐみがないグリーンレモンの果汁を使ったり、和栗の実とピール(皮)を活用してコクを出したりと、工夫を重ねてきた」と胸を張る。マネジャーの後藤佑貴さん(32)も「福山の地ビールがいろいろな店で提供され、多くの人に知ってもらえたら」と思い描く。

 試飲会は28~30日、2月4~6日で、各日午後2~5時。約30分間参加でき、3日前までに予約が必要。問い合わせは日曜を除く午後2~9時、クラフトハート・ブルワリー&ダイニング(084・983・2391)。

無断転載禁止
300964 0 ニュース 2019/01/25 05:00:00 2019/01/25 11:04:39 2019/01/25 11:04:39 無料試飲会で提供される8種類の福山地ビール(福山市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190124-OYTNI50056-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ