読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

若手台頭 もっとコイ!

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

鈴木誠選手 新春インタビュー

「みんな打って」 助言惜しまず

来季への思いを語る鈴木誠也選手(マツダスタジアムで)=金沢修撮影
来季への思いを語る鈴木誠也選手(マツダスタジアムで)=金沢修撮影

 広島カープの主砲、鈴木誠也選手(26)が、読売新聞のインタビューで、昨季を振り返り、チーム愛や家庭での日常などについて思いを語った。一問一答は次の通り。(聞き手・中村孝)

 

 ――2年連続Bクラスとなった昨季は、不満が残る試合も多かった。気持ちの切り替えが大変だったのでは。

 「(試合が終わると)感情をシャットアウトしてから球場を出ていた。早く切り替えられた時は早く帰るし、そうでない時は、気持ちが落ち着いてから帰るようにしていた」

 ――コロナ禍で遠征先では外出禁止だったが。

 「正直、(ストレスは)たまった。どこにも行けないので。(食事は)テイクアウトはできたから、何とか気分を紛らわせていた」

 ――明るい材料もあった。新人王の森下暢仁まさと投手(23)や坂倉将吾選手(22)、大盛穂おおもりみのる選手(24)らが台頭した。若手に対しては。

 「やりやすい環境づくり。どうしても雰囲気が暗くなると、気を使わせるというか。感じる子は感じると思う。そうならないようにしたいと思うが、僕もそこまで成長できていない。イラっとすると顔に出てしまうから、そこを直したい」

 ――チームの現状は。

 「若手が出てこないとチームとしてはきつい。強いチームなら、若い選手が(試合に)出にくいこともある。逆にこういう状況(リーグ5位)だから、経験できる機会はたくさんある。そこはプラスに捉えないといけない」

 ――昨年、飛躍した堂林翔太選手(29)にも積極的にアドバイスを送った。

 「隠したいとか、この選手がよくなったら自分が抜かされてしまうとか、そういう意識は全くない。むしろ、みんな打ってほしい。打った時の喜びは打った人にしかわからない。そういう思いをしてもらいたい。打率を3割に乗せたり、本塁打を20本以上打ったりという喜びをみんなに味わってもらいたい」

 ――森下投手については。

 「すごいし、かっこいい。あんなかわいい顔をして、ずっとすごいなと思っていた。気持ちの強さがマウンドに出ている。『楽しいだろうな』って、あんなピッチングができたら。何とか勝たせてあげたいとか、打ってやりたいとか、思わせる投手」

 ――家庭では元新体操選手でスポーツキャスターの妻、畠山愛理さん(26)の支えがあった。

 「むだに話しかけてこないでくれた。僕はあまり家でしゃべらない。ソファに寝転がってテレビをずっと見ている。(野球のことだけ)考えている。同じアスリートとして気持ちをわかってくれる。(気分を)察知してくれるので、そういう面では助かっている」

無断転載・複製を禁じます
1750623 0 ニュース 2021/01/06 05:00:00 2021/01/06 05:00:00 2021/01/06 05:00:00 新シーズンの抱負を語る鈴木誠也(12月9日、マツダスタジアムで)=金沢修撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210106-OYTNI50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)