読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

春の陽気 ほころんで

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ほころび始めた梅の花(広島市中区の縮景園で)
ほころび始めた梅の花(広島市中区の縮景園で)

 高気圧に覆われた県内は7日、広島市で16・5度、大竹市で17・2度など各地で3月中旬から4月上旬並みの陽気となった。広島市中区の庭園「縮景園」では、ほころび始めた梅の花を楽しもうと、家族連れらが訪れ、写真を撮るなどしていた。

 同園には西側の梅林を中心に19種類136本の梅の木が植えられている。今年は例年に比べて咲き始めがやや遅く、一部の種類は四分咲きだが、全体では二分咲きほどで、見頃は今月中旬~下旬以降になるという。

 新型コロナウイルスの感染防止のため、飲食物を持ち込んでの花見などはできない。担当者は「感染対策をした上で観賞してもらえれば」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1827128 0 ニュース 2021/02/08 05:00:00 2021/02/08 05:00:00 2021/02/08 05:00:00 縮景園でほころび始めた梅の花(7日午後0時7分、広島市中区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210208-OYTNI50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)