読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

年度内に会計処理 焦り

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

文化財調査報告書 刊行ゆとりを

福山市内で発掘調査が行われた遺跡に関し、これまでに刊行された報告書の一部
福山市内で発掘調査が行われた遺跡に関し、これまでに刊行された報告書の一部
2017、18年度に建造物と文献が調査された神辺本陣(昨年6月、福山市で)
2017、18年度に建造物と文献が調査された神辺本陣(昨年6月、福山市で)

 福山市文化振興課の職員が未刊行の文化財調査報告書を刊行したと偽り、印刷製本業者に113万円を支払っていた問題が昨年11月、明らかになった。過去には全国でも同様の不正支出が起きている。福山市のケースから、原因と防止策を探った。(布施勇如)

 

福山市職員 不正支出問題

■上司が虚偽容認

 江戸時代の参勤交代の際、大名や家臣らが宿泊した「神辺本陣」(福山市神辺町)は、県の重要文化財、史跡に指定されている。福山市は国の重文、史跡指定を目指し、建造物と、保存されている文献を対象に、初の本格的な調査を研究者2人に依頼。2017、18年度に実施した。

 市によると、調査報告書は260ページで18年度中に400部印刷する予定だった。研究者から文化振興課に原稿が提出されたのは、19年2月末。刊行の期限まで残り1か月だった。編集を1人で担当した職員は、埋蔵文化財の発掘調査と報告書作成の経験は豊富だが、建造物や文献に関わるのは初めて。作業に手間取り、いまだに刊行されていない。

 自治体の予算はその年度に執行するのが原則とはいえ、未執行の場合、翌年度に回す方法もある。しかし、担当職員は、印刷製本業者から納品されたとする「検収」印を押して虚偽の文書を作成。会計課に提出し、業者に代金を支払った。市の聞き取りに対し、「年度内にという思いがあった」と釈明している。

 当時の上司も虚偽と知りつつ、「それほど遅れずに刊行できるはず」と考え、支出を認める決裁をした。

■専門性尊重の弊害

 発掘調査報告書の刊行を巡っては、今回と同じような不正が以前から他府県で明るみに出ている。京都府木津川市が15年、愛媛県宇和島市が17年に発表したケースでは、担当者が「業務量が多くて処理できなかった」「いい報告書にしようとしたが、忙しさもあって完成できなかった」と弁明している。

 三原市でも、09、14年度に刊行するはずだった計7冊の発掘調査報告書で同様の問題が発覚。計約176万円を不正に支払ったとして、担当の教育委員会文化課長補佐が昨年11月、減給の懲戒処分を受けた。「年度内に会計処理をしなければいけないという重圧があった」と話したという。

 福山、三原両市の共通点として、文化財の業務に長く従事してきた職員の専門性を尊重するあまり、部署内のチェックが不十分だったという側面がある。福山市の岩本信一郎・文化観光振興部長は「納品時の現物確認を文化財担当のライン(系統)だけに任せていた」と甘さを認め、今後は別のラインにも関与させるとしている。

■予算減額の不安

 奈良県明日香村教委で26年間、発掘調査や報告書の執筆に携わった相原嘉之・奈良大准教授(日本考古学)は「役所は年度単位で動き、各部署は『予算を消化しないと翌年度に減額されるのでは』と考えがち」と話す。

 発掘調査報告書の場合、文化庁は「可能な限り速やかに公表し、発掘終了後おおむね3年以内に刊行」とする基準を示している。

 相原准教授は「文化財の調査は、終了から年数がたちすぎると、担当者の記憶も薄れていく。反面、終了したその年度に報告書を出すのは体制的にも困難。より良い内容にするためにも、ゆとりをもって刊行のスケジュールを組むのが望ましい」と言う。

■2年遅れで

 福山市の担当職員は、業者に「なるべく早く原稿を渡すので」と代金の請求書を発行させ、業者から再三、入稿を催促された。市は問題発覚後、業者との契約を解除。代金の返還を受け、別の業者を選び直した。報告書は300ページに増やし、3月中に2年遅れで刊行する。

 文化財調査の成果を市民と共有し、先行研究として役立てるためにも、報告書は重要だ。担当職員は年度内の予算執行にとらわれ、文書を偽造して信用を失墜したばかりでなく、この問題への対応で刊行がさらにずれ込む形となった。

 岩本部長は「今後は当初から、調査と刊行の年度を分けることも検討したい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1827133 0 ニュース 2021/02/08 05:00:00 2021/02/08 05:00:00 2021/02/08 05:00:00 福山市内で発掘調査が行われた遺跡に関し、これまでに刊行された報告書の一部 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210208-OYTNI50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)