読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

昔の「かわいい」集合

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

広島城で企画展 人形や掛け軸100点

 郷土玩具や動物の絵など昔の人々の暮らしに息づいた「かわいいもの」を集めた企画展「廣島ひろしまかわいい大博覧かい」が、広島城天守閣(広島市中区)で開かれている。4月4日まで。

 原爆投下から13年後の1958年に開かれた「広島復興大博覧会」にちなんで企画。かわいいものに触れてコロナ禍の先に光明を見いだしてもらえればと、約100点を集めた。

 武家屋敷跡から出土した七福神などの人形、牛の後ろ姿やユーモラスな表情の虎を描いた掛け軸などを展示。第8代広島藩主浅野斉賢なりかたが幼い頃に描き、拝領した家臣が大切に所蔵していた鹿の絵、江戸詰め藩士の家に伝わっていた幼児をかたどった御所人形もある。

 広島市東区の市立尾長小1年、須尭藍香すぎょうらんかさんは「かわいいものがたくさんあって、楽しかった」と笑顔をみせた。入館料は大人370円、65歳以上・高校生180円。問い合わせは広島城(082・221・7512)。

無断転載・複製を禁じます
1859290 0 ニュース 2021/02/22 05:00:00 2021/02/22 05:00:00 2021/02/22 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)