読売新聞オンライン

メニュー

ホタル 幻想の光 福山・服部川

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

かぼそい光を放ちながら舞うホタル(福山市駅家町で、44秒露光)
かぼそい光を放ちながら舞うホタル(福山市駅家町で、44秒露光)

 福山市駅家町の服部地区を流れる服部川でホタルが見頃を迎えた。宵闇に包まれた川べりに薄緑色の光跡が漂い、幽玄な雰囲気を醸し出している。

 服部川では、住民でつくる「服部の自然を守る会」が毎年秋に幼虫を放流したり、周辺を清掃したりして、ホタルが生育する環境の維持に取り組んでいる。

 同会によると、ホタルは2018年の西日本豪雨の後に数が減ったが、昨年から徐々に回復。今年は春先に暖かい日が続いたことで、例年より1週間ほど早く、今月14日頃に飛び始めた。

 蒸し暑い夜の午後8~9時頃が多く飛び、6月中旬まで見られるという。

無断転載・複製を禁じます
2087109 0 ニュース 2021/05/30 05:00:00 2021/05/30 05:00:00 2021/05/30 05:00:00 かぼそい光を放ち幻想的に舞うホタル=44秒露光(28日、福山市駅家町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210529-OYTNI50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)