読売新聞オンライン

メニュー

成田選手 予選突破誓う

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

湯崎知事(右)に東京五輪での活躍を誓う成田選手(県庁で)
湯崎知事(右)に東京五輪での活躍を誓う成田選手(県庁で)

ハンド男子代表

 東京五輪に出場するハンドボール男子日本代表に選出された湧永製薬ハンドボール部(ワクナガレオリック)の成田幸平選手(32)が2日、県庁に湯崎知事を訪ね、活躍を誓った。

 成田選手は京都府出身。大阪体育大を卒業後、安芸高田市を拠点とするレオリックに加入した。1メートル91の長身を生かした守備とロングシュートを武器に、2014、15年にはドイツでプレーした経験も持つ。

 この日、湯崎知事は「五輪で活躍して子どもたちに勇気を与えて」と激励。笑顔で応じた成田選手は訪問後、「ベテランとしてチームを引っ張り、予選リーグを突破したい」と語った。

 成田選手は1日には、同市役所で石丸伸二市長を表敬訪問。石丸市長から「市をあげて応援するので頑張って」と花束を贈られ、「プレーで感動してもらい、少しでも前向きな気持ちになってほしい」と願った。

無断転載・複製を禁じます
2176164 0 ニュース 2021/07/03 05:00:00 2021/07/03 05:00:00 2021/07/03 05:00:00 湯崎知事を訪問した成田選手(左)(広島市中区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210703-OYTNI50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)