<548>語りたい 伝えたい 読売新聞+広テレ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

母の最期の言葉支えに生きる 高品健二さん 84(広島市安佐南区)

真っすぐな心 忘れず

母や友達を失った当時を思い出す高品さん(広島市安佐南区で)
母や友達を失った当時を思い出す高品さん(広島市安佐南区で)

 「今から一人で生きていくんやから、どれだけ貧しくても、真っすぐ生きなさい」。被爆から1週間後、母の最期の言葉だった。その言葉があったからこそ、今日まで生きてこられた。

<557>語りたい 伝えたい 読売新聞×広テレ

       ◇

 当時8歳だった私は爆心地から2・5キロ離れた広島市出汐町(現・南区)の自宅近くで、友達と2人で遊んでいた。コンクリート製の防火水槽の陰にしゃがんでいた私は突然、強烈な光に襲われ、爆風で10メートルほど吹き飛ばされた。

 しばらくして友達を捜すと、友達は体の上半分が焼けただれ、顔にはガラスの破片がいっぱい刺さっていた。何とか友達の手を引いて家に帰ったが、家の中はめちゃくちゃ。母は柱の下敷きになり、とても苦しそうにしていた。

 迎えに来た母方の親族に連れられ、その場から避難したが、途中で友達は亡くなった。

 亡くなる直前、友達にトマトをあげた。水がほしかったのか、むしゃぶりつくように食べてね。最期に「トマト、おいしかったよな」と言い残し、息を引き取った。

 被爆した母の体調もどんどん悪くなっていき、歯茎からは血が出て、さらに髪の毛も抜けた。そして、1945年8月13日、最期の言葉を絞り出し亡くなった。

       ◇

 軍人だった父は日本と旧ソ連が軍事衝突したノモンハン事件(1939年)の戦地で亡くなった。きょうだいもいなかった私は母を失い、独りぼっちになってしまった。

 そこからの人生は苦難の日々。一時は父方の親族に引き取られたが、「お前の原爆病がうつったらいかん」などと冷たく言われ、肩身が狭かった。見かねた叔母が私を中学卒業まで育ててくれたが、学費が払えず、高校進学の夢は絶たれた。

 「もうここにはいられん」と家を飛び出し、21歳までの6年間は広島市内のあちらこちらで遊んで過ごした。子供心に葛藤があって、やんちゃなこともしたが、やはり母の最期の言葉が胸に残っていたので、悪い道には走らなかった。

 どこかで人生をやり直さないといけないと考えていた頃、大阪にいた母方の親族の勧めで、理容師の道に進んだ。理容師の世界に入るには遅い方だったが、修業していた理髪店の主人が本当に親切で、私の理容学校の学費まで払ってくれた。それでいて、あまり干渉せず、「自分のやりたいことをやれ」といつも応援してくれた。今でもその主人は、私にとって神様のような存在だ。

 30歳を前に、大阪で自分の店を持つことができ、家族にも恵まれ、トントン拍子で人生が好転していった。理容師としていろんなお客さんの話を聴くうちに、自分の人生観も広がっていったような気がする。

 真の平和とは、耐え忍ぶ先にあるもの。若い人たちには伝えたい。自分の命を大切にして、真っすぐ耐えて生き抜けば、何百倍も幸せなことが、いずれやって来るからねと。(寺田航)

  たかしな・けんじ  1937年生まれ。広島市出身。8歳で爆心地から2.5キロで被爆。20歳代で理容師となり、現役時代は大阪府茨木市に店を構えた。引退後は故郷の広島に戻り、子供たちに被爆体験を証言している。

       ◆     ◆

 高品さんを広島テレビ放送が取材・制作した動画はこちら

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2590359 0 ニュース 2021/12/12 05:00:00 2021/12/16 14:45:22 2021/12/16 14:45:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211211-OYTNI50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)