うまみ凝縮 ワインの友

自家燻製の5点盛り ◎ワイン酒場 タスク(札幌市中央区)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

その日のおすすめを渡辺さんが盛り合わせてくれる「自家燻製の5点盛り」。ホタテ、チーズ、合鴨ロースなど
その日のおすすめを渡辺さんが盛り合わせてくれる「自家燻製の5点盛り」。ホタテ、チーズ、合鴨ロースなど

 個性豊かな飲食店が、おもちゃ箱のように肩を寄せ合う「Msビルヂング」。そのブルーのらせん階段をちょっと上がった最奥に、黒ネコの看板を掲げた「ワイン酒場 タスク」がある。

 店名にあえて“酒場”と銘打っているのは、「かしこまって飲むというワインのイメージを取っ払いたくて。薀蓄うんちくはさておき、肩肘張らず、気楽に楽しんでほしいんです」と店長の渡辺ゆりさん。グラスワインは、イタリア、フランス、ドイツなどを中心にオーガニックを含め、赤、白と常時15種類もそろい、1杯500円からと価格も手頃だ。

 グラスワインのリストには、赤・白それぞれに1~7まで番号が記され、若い数ほど飲み口が軽く、順に味わいの濃さが増していく。

 「ワインはややこしい銘柄が多いから(笑)。これなら『赤の5番』だけで注文できるからシンプルでわかりやすいでしょう?」

 フードメニューは、ピクルスやアヒージョなどワインに合う軽いつまみから、パスタに、デミグラスソースで味わうミラノカツまでガッツリ系もそろい、ちょい飲みはもちろん、しっかりおなかを満たしたい人にも応えてくれる。

 一番人気は、自家製の燻製くんせいシリーズ。ベーコンや合鴨あいがもロース、牛タンをはじめ、季節の魚介や野菜を使った15種類前後が並び、中にはトマトやさけとばといったユニークなメニューも。「食材ごとの水分量に合わせて下処理し、仕上がりの食感や風味を見極めながら、サクラのチップで丁寧にいぶしています」

 パリッとはじける皮の食感と、あふれる肉汁がたまらないビックフランク、エクストラバージンオリーブオイルと塩で味わうジューシーな肉厚しいたけ、辛子マヨネーズを添えた半生タイプのタコなど……。ほのかなスモーク香をまとった燻製は、どれも食材のうま味がギュッと凝縮され、ついついワインが進んでしまう。

 月に1度、ライブとワイン会を開催しているそうで「今後は、ワインを飲みながら楽しめる落語の会もやってみたい」。

 そんな型にはまらない、渡辺さんの気さくな人柄も酒場の味。多彩な自家燻製に合わせてグラスをあれこれ飲み比べ、自由奔放にワインを楽しみたい。

(文・葛西麻衣子 写真・藤倉孝幸)

【住 所】 札幌市中央区南3西7 Msビルヂング1階 (電)090・2699・0912

【営業時間】 午後6時~午前0時(金・土曜は、午前2時まで)。月曜休み

【主なメニュー】 ◇自家燻製の5点盛り1000円◇燻製の単品はビックフランク(2本)800円、合鴨ロース、ベーコン、牛タン各400円、しいたけ、トマト、チーズ各350円など◇ボロニアミートソースのパスタ800円◇牛タンデミシチュー(冬限定)600円 ※税別

※メニュー、価格などは変更されている場合があります。

無断転載禁止
49819 0 彩食主義 2018/10/18 05:00:00 2018/10/18 05:00:00 2018/10/18 05:00:00 キャプション別送り https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181018-OYTAI50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ