白糠町産赤シソ使用 シソ焼酎「鍛高譚」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

白糠町のシソを使った「鍛高譚」のラインアップ
白糠町のシソを使った「鍛高譚」のラインアップ

 合同酒精(本社・東京)のシソ焼酎「鍛高譚たんたかたん」も、北海道で生まれ、全国に広がった酒だ。同社のルーツの一つの旭川工場が開発、製造している。

 使用しているのは白糠町産の赤シソ。1992年に道内限定で発売されたが、シソの香りとすっきりした味わいが口コミで広がり、今や全国の店頭に並ぶ。

 90年代の「一村一品運動」の取り組みとして、白糠町が同工場に開発を持ちかけた。「魚のタンタカ(マツカワのアイヌ語)が白糠の山から紫の葉(シソ)を持ち帰り、その効能で仲間の魚たちを元気にさせた」という民話があり、町内ではシソの栽培もしていた。それが銘柄名の由来だ。

 開発に当たったのは、現在、旭川工場長を務める水口哲司さん(58)。発酵段階から赤シソを仕込み、人によって好き嫌いもあるシソの香りが程よく出るよう、1年にわたり試行を重ねた。「宣伝しなかったのに売れた。ほかにはない自慢の酒です」と語る。

 通常の5倍の赤シソで香りを強くした「赤鍛高譚」や、シソを使った梅酒やジンもある。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
1870973 0 北の酒物語 2021/02/26 05:00:00 2021/05/12 11:42:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210226-OYTAI50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)