読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

津別町の動画に栄誉 全国広報コンクール読売新聞社賞 放牧酪農家の人生密着

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

受賞作を見る為国さん(右)と水野さん(津別町で)
受賞作を見る為国さん(右)と水野さん(津別町で)
道東テレビの立川さん
道東テレビの立川さん

 全国の自治体の優れた広報活動を表彰する2021年「全国広報コンクール」(日本広報協会主催、読売新聞社など後援)の映像の部で、津別町の動画「タウンニュースつべつ」20年10月号が、読売新聞社賞に選ばれた。

 タウンニュースつべつは、17年4月から毎月1回、ネットで配信している約10分の動画。町の除雪や消防団、ごみ問題、飲食店情報、人気の菓子「クマヤキ」など、取り上げたテーマは様々だ。

 受賞作「津別町の放牧酪農家の人生に密着スペシャル!」は、町の酪農の生産額や搾乳といった毎日の作業などを紹介しつつ、ドキュメンタリータッチで酪農家の最後の日を追った。番組冒頭で「酪農はもうかる」と語った酪農家が、後半で引退することが明かされる展開が印象的だ。

 タウンニュースつべつは、町と、映像制作者の立川彰さん(41)が設立した「道東テレビ」が共同制作している。

 立川さんは、15年に町のプロモーション動画の制作を請け負ったのがきっかけで、16年に千葉県から地域おこし協力隊員として来町した。タウンニュースつべつの制作と並行して、道東全域を対象とした映像メディアの道東テレビで制作と配信を担い、協力隊の任期終了後も津別に住む。

 受賞作は、道東テレビの為国みなみさん(31)が中心になって手がけた。取材先の酪農家は為国さんの実家。地元農協に取材先を相談した際、乳質の良さが道内トップクラスと紹介されたのが実家だったといい、「親がこんなにすごい牛乳を生産しているとは知らなかった」と振り返る。

 動画のコメント欄には「後継者はいなかったのか」という書き込みもあった。「親はいろんな事情で後継ぎをあきらめていたことなど、伝えきれなかったところもあった。全国レベルのコンクールで受賞して、超えなければいけない高い壁ができた」と為国さんは話した。

 タウンニュースつべつに登場するリポーターは町職員で、現在は、住民企画課で広報を担当する水野啓弥さん(27)が務める。「受賞によって、いろんな人が見て、津別を知ってもらえればうれしい」と語り、「町民でも意外と知らない町の産業の裏側をピックアップしたい」と意欲を見せた。

 タウンニュースつべつの配信はすでに50本近くになる。「人口4400人の町で、当初はネタはすぐに尽きると思ったが、50本でも足りない」と立川さん。「町の歴史の記録としても残せる」とも言い、動画がニュースの発信だけではない意義もあると考えている。

無断転載・複製を禁じます
2044803 0 ニュース 2021/05/12 05:00:00 2021/05/12 05:00:00 2021/05/12 05:00:00 受賞作を見る水野さん(左)と為国さん(右)(28日午後4時9分、津別町の道東テレビで)=佐藤一志撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210511-OYTNI50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)