鈴木選手「1軍目指す」/G指名あいさつ 大津選手「強肩アピール」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

水野スカウト部長(左)から指名あいさつを受けた鈴木選手(右)(21日、札幌市で)
水野スカウト部長(左)から指名あいさつを受けた鈴木選手(右)(21日、札幌市で)
(下)指名あいさつを受けた大津選手(中央)(いずれも21日、札幌市で) (上)水野スカウト部長(左)から指名あいさつを受けた鈴木選手(右)
(下)指名あいさつを受けた大津選手(中央)(いずれも21日、札幌市で) (上)水野スカウト部長(左)から指名あいさつを受けた鈴木選手(右)

 今月11日のプロ野球・ドラフト会議で、巨人から育成1位指名を受けた北海学園大(札幌市)の鈴木大和選手(22)と、同10位の北海高校(同)の大津綾也選手(18)が21日、球団関係者から指名のあいさつを受けた。

 50メートル5秒8の俊足が武器の鈴木選手は、「走力や打撃力を伸ばしたい」と意気込んだ。現役時代に4年連続盗塁王に輝いた片岡治大三軍野手総合コーチから指導を受けたいといい、「スライディングなどの技術を学び、一軍を目指したい」と語った。柏田貴史スカウトは「足という武器があり、躍動感のある選手になる」と期待を寄せた。

 「身のこなしや肩の強さをアピールしたい」と話したのは大津選手。バッテリーを組んでいた同高の木村大成投手は、ソフトバンクから3位指名を受けており、「日本シリーズで対戦することになれば、木村の球を打って勝ちたい」と力を込めた。水野雄仁スカウト部長は、阿部慎之助・一軍作戦コーチの意向で獲得したことを打ち明け、「動きの軽さと強肩が魅力。諦めずに頑張って」とエールを送った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2461323 0 ニュース 2021/10/22 05:00:00 2021/10/22 05:28:27 2021/10/22 05:28:27 水野部長(左)から指名挨拶を受けた鈴木選手(右)(21日、札幌市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211021-OYTNI50038-T-e1634848103934.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)