昆布漁利尻の夏

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

天日干しするため、コンブを丁寧に並べる人たち。後方は利尻山(6月28日、利尻富士町で)=中尾敏宏撮影
天日干しするため、コンブを丁寧に並べる人たち。後方は利尻山(6月28日、利尻富士町で)=中尾敏宏撮影

 利尻島でコンブ漁が本格化し、島民らが早朝から、浜辺でコンブを干す作業に追われている=写真、中尾敏宏撮影=。

 漁は養殖ものが6月中旬に始まり、天然ものは7月中旬からの予定だ。漁船は未明に出港し、長さ3メートルほどに育ったコンブを水揚げしている。

 午前4時頃に始まるコンブ干し作業には、漁師やその家族のほか、島民も長靴姿で協力するのが恒例だ。干した利尻昆布は例年、8月末から出荷される。利尻富士町の漁師神成誠さん(49)は「地域で力を合わせていい品物を届けたい」と話していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3132294 0 ニュース 2022/07/02 05:00:00 2022/07/02 05:00:00 2022/07/02 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220701-OYTNI50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)