読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日常へ「もう少し辛抱」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

山本貴広

コロナの恐怖 消す「まじない」

 つい先日まで、ひそかに楽しみにしていた深夜アニメがあった。ポスト鬼滅(鬼滅のやいば)との呼び声も高い「呪術廻戦かいせん」。鬼滅と同じ「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、単行本の最新刊も手に入れようとしているが、鬼滅同様、なかなか手に入らない。

 主人公の高校生らが、恨みや後悔、恥辱など人間の負の感情が具現化した「呪い」に戦いを挑むストーリーだ。架空の話ではあるけれど、今に通じる部分があるように思えてならない。

 新型コロナウイルスへの恐れが生み出す誹謗ひぼう中傷だ。医療機関の職員・家族や感染者らが、心ない言葉を浴びせられるケースは後を絶たない。

 県内では、ピーク時に1日あたりの新規感染者数が324人に上った「第3波」は、日常的な対策とともに、医療従事者らの懸命な働きなどで落ち着きつつあったが、2度目の緊急事態宣言が解除された後、感染者は再び増加。7日には、過去最多の328人に達し、医療体制も逼迫ひっぱく。ワクチン接種という明るい兆しがあるとはいえ、被害を受けた人の中には、相手をのろいたくなるほど心に傷を負った人も少なくないだろう。

 この「呪い」という文字は、「のろい」と読むと同時に、「まじない」とも読める。そうすれば、災禍を免れるようにする意味に転じる。

 「もう少し辛抱すれば、かつての日常を取り戻すことができる」

 桜も満開を過ぎ、目立つようになってきた新緑を眺めながら、コロナ禍の終息を願い、そんな「まじない」をかけてみよう。

無断転載・複製を禁じます
1969486 0 ハーバーライト 2021/04/08 05:00:00 2021/04/08 05:00:00 2021/04/08 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210408-OYTAI50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)