読売新聞オンライン

メニュー

CM、インスタ…魅力発信

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

手延べ素麺 播磨から世界へ

CMに出演していた田中好子さん(県手延素麺協同組合提供)
CMに出演していた田中好子さん(県手延素麺協同組合提供)
タカラトミーアーツとコラボした素麺流し機(県手延素麺協同組合提供)
タカラトミーアーツとコラボした素麺流し機(県手延素麺協同組合提供)

 揖保乃糸いぼのいとを全国ブランドに押し上げたのは、あの「そうめん やっぱり、揖保乃糸。」のCMだ。

 1992年から長年にわたって、元キャンディーズで女優の田中好子さん(故人)を、2019年からはモデルの八木莉可子さん(19)を起用する。今のCM曲はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」や大河ドラマ「いだてん」の音楽を担当した大友良英さん(61)が手がけた。ヘルシー食品として、関東の家庭などへも浸透していった。

 多彩な食べ方も随時、提案。関西以外になじみの薄かったにゅうめんを売り込むため、昨年12月~今年1月には、「#にゅうめんやっぱり揖保乃糸 インスタグラムキャンペーン」を展開した。県手延素麺てのべそうめん協同組合営業部の天川亮さん(44)は「季節問わず楽しんでもらえるようになれば」と語る。

 異業種とのコラボも積極的だ。玩具製造会社「タカラトミーアーツ」(東京都)の最新素麺流し機「ビッグストリームそうめんスライダーカスタム」(20年4月発売)では、遊園地「東京サマーランド」(東京都)のウォータースライダー設計者も協力し、素麺や水の流れがきれいにみえるように工夫。コロナ禍の外出自粛と重なって孫のおもちゃに買う人が多く、前作より1.5倍の売れ行きという。

 また、同ランドの流れるプールでは昨夏、揖保乃糸のパッケージを模した浮具「そうめんフロート」を無料で貸し出した。担当者は「親子連れらに引っ張りだこだった」と語る。

 海外展開も06年から本格化。アジア圏を中心に、アメリカやドバイなどでもゆで方を実演しながら販売促進会を開き、人気を集めるようになった。組合の井上猛理事長(64)は「中元や歳暮の需要が減り、国内だけでは厳しい。素麺流しのような動く麺は興味をもたれる。海外にも販路を広げていきたい」と語る。

(終わり)(この連載は北野浩暉、山口博康が担当しました)

無断転載・複製を禁じます
1857182 0 New門@兵庫 2021/02/21 05:00:00 2021/02/20 23:06:41 2021/02/20 23:06:41 CMに出演していた田中好子さん https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210220-OYTAI50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)