読売新聞オンライン

メニュー

強風微風

  • 尼崎石綿 新たな患者今も

    「悲惨な人災を二度と起こしてはいけない」。幸野正吾さん(60)の訴えが、会場に響いた。 尼崎市のクボタ旧神崎工場周辺で、アスベスト(石綿)による住民の健康被害が明らかになった2005年の「クボタショック」から、16年。今…
    記事へ

アクセスランキング

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)