湯と人 やらかい

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

創業100年目奮闘 第一敷島湯 (尼崎市)

 オオカミとヤギの友情を描いた人気の絵本「あらしのよるに」の朗読に、観客がくすりと笑ったり、ほろりとしたり。新型コロナウイルスの影響で一時中断していた“イベント会場”に昨年11月下旬、2年ぶりの笑顔が広がった。

番台には功子さん(左から3人目)、久美子さん(右端)、黒木さん(左から2人目)が交代で座り、平尾さんらお客を出迎える。功子さんと話すのを楽しみに銭湯に来るお客さんもいる(尼崎市で)
番台には功子さん(左から3人目)、久美子さん(右端)、黒木さん(左から2人目)が交代で座り、平尾さんらお客を出迎える。功子さんと話すのを楽しみに銭湯に来るお客さんもいる(尼崎市で)
今では珍しくなった円形の浴槽とタイル絵(尼崎市で)
今では珍しくなった円形の浴槽とタイル絵(尼崎市で)

 そこは男湯の脱衣所。尼崎市で創業100年目となる銭湯「第一敷島湯」で開かれたボランティア団体の朗読会に常連客らが詰めかけた。3代目の黒木達也さん(57)は満足そうに見届けると、来場者に呼び掛けた。「お風呂を沸かしたので、ゆっくり温まってください」

 1923年創業。戦後まもない46年に黒木さんの祖父が引き継いだ。商工業で発展した尼崎市の東の玄関口。阪神・杭瀬駅から徒歩7分。工場で働く人らが一日の疲れを癒やしてきた。黒木さんの母・功子さん(88)は「当時は風呂付きの家が少なく、家族連れも多かった。お客さんの子どもの着替えを手伝ったり、赤ちゃんの子守をしたりした」と懐かしむ。毎日のように通い続けて約50年の高田津多子さん(69)は、黒木さんの子どもの体を洗ってあげたことも。「家庭的な雰囲気で自分の家の風呂に入っている感じ。しばらく見かけない人がいると、どうしたのかなと心配になる」

 県公衆浴場業生活衛生同業組合(神戸市)によると、家庭風呂の普及で、県内の銭湯は67年をピークに減少。第一敷島湯でも、最盛期は1日100人以上いた客が徐々に減り、コロナ禍で収入は3割減となった。「何回もやめよう、もう無理と思った」と 女将おかみ の久美子さん(50)。昼間は看護師として働き、家計を支える。

 15年ほど前から経費削減のため、廃材を活用した まき で湯を沸かす方法に転換した。温度調節が難しく、冬場は30分に1回は釜場をのぞく。週1回の定休日も火を絶やさない。黒木さんは「時代に取り残された気持ちになることもある。あほやなと思うけど、喜んでくれるお客さんがいるから」と屈託のない笑顔で語った。

 昔ながらの銭湯に見られる「 唐破風からはふ 」の玄関屋根や浴室のタイル絵、円形の浴槽、年季の入った扇風機……。昭和レトロのたたずまいに薪風呂が評判となり、国内外から客が訪れるようになった。尼崎などの銭湯をPRするフリーペーパー「銭湯文庫」を自主制作する川西市の会社員平尾真一さん(47)は「薪で丁寧に沸かす湯も、ここに集まる人も柔らかい」と太鼓判を押す。

 黒木さん夫妻は、古き良き銭湯の“ぬくもり”を知ってもらおうと、地元住民と一緒に脱衣所での落語会やお笑いライブなどを企画する。「サウナも電気風呂もないが、それがいいと言ってもらえる。何とか踏ん張り、お風呂好きな人とつながる場であり続けたい」と話す。(加藤あかね)

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2645152 0 ウィズyou あなたとともに 2022/01/03 05:00:00 2022/01/03 05:00:00 2022/01/03 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220102-OYTAI50094-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)