鋼の絆 チーム明珍

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

火箸風鈴 ―生きる技と伝統 (姫路市)

53代当主 宗敬さん
53代当主 宗敬さん
先代 宗理さん
先代 宗理さん
宗久さん
宗久さん
宗裕さん
宗裕さん

 平安期から続く 甲冑かっちゅう 師の流れをくむ明珍家。53代目の当主・ 宗敬むねたか さん(45)を中心に、老舗の代名詞「火箸風鈴」を手がける。その本拠地「明珍本舗」(姫路市伊伝居)では〈ファミリー〉の一人一人が役割を果たし、伝統の技を紡いでいる。

 明珍家は12世紀半ばに天皇に よろい を献上。「類いまれなる珍器」とたたえられ、その名をたまわったとされる。江戸時代には姫路の藩主に仕えた。

 明治に入って甲冑の需要が減ると「千利休のために火箸を作った」という故事にならい、火箸を手がけるようになった。

 しかし、戦争中は鉄が入手できず、電化製品の登場で生活が様変わりした高度成長期には火箸の需要が低減した。

 「生きるか死ぬか。そんな瀬戸際で火箸を風鈴にするアイデアを思いついた」。そう明かす先代の 宗理むねみち さん(79)には3人の息子がいる。

 長男の宗久さん(51)、次男の宗裕さん(47)、そして宗理さんから継いだ三男の宗敬さん。一線を退いた今も工房に立つ宗理さんに弟の巧さん(74)を加えた5人が たくみ の技を結集させる。

     ◇

 仕事場は約100平方メートル、畳60枚ほどの広さだ。その中央に座る炉。1300度のコークスが燃えさかる中に、丸い鉛筆状の鉄材を投じる。

 炎の中から取り出した赤みを帯びた鉄を金床に乗せ、 つち で形を整え、火箸へと姿を変える。蚕の油で磨き上げられ、黒い色付けをした4本を結わえ、絶妙な響きを持つ風鈴を仕上げていく。

 「継ぐつもりはなかった。でも、懸命に働く親の姿に『助けなければ』という思いが幼いころから胸の片隅にあった」と話す宗敬さんがこの道に入ったのは、22歳のときだった。

 体力が足りず、初めのころは鉄をたたく鎚の上げ下げさえ思うようにできなかったが、何年も続けるうちに、父や叔父と同じ音を響かせるようになった。

 「スピードやリズム、力の入れ加減……。目に見えない何かが受け継がれていると感じた」。火箸はミュージカルやコンサートで演奏道具として用いられ、米国の大学に招かれて鍛冶の実演も披露した。

     ◇

 宗敬さんらが仕上げた火箸4本を、ひもで結ぶのは宗久さんの役目。太さや長さが少しずつ違い、4本のバランスが1ミリずれても風鈴本来の気品ある音色を出すことはできない。繊細な手作業を受け持つ兄の姿に宗敬さんは「目立たないが、最も要のポジション」と実感する。

 同じ姫路市内に「明珍 鍛刀たんとう 場」を構え、気鋭の刀匠として注目される宗裕さん。1年に数組つくる玉鋼火箸の原料も用意する。

 鋼の鍛錬術を身につけるため、弟が人生を選択したのと同じころ、山陰の刀匠に弟子入りしたことから作刀に魅了され、刀工の道へ進んだ。宗敬さんが作った火箸と宗裕さんの手がけた太刀がコラボした作品は地元の美術館で披露され、評価を集めた。

 宗理さんを長年支えてきた母・久美子さん(77)も「いろんなことがあったけれど、今が一番幸せ」。車いすに乗る今も、男たちを陰でサポートしている。

     ◇

 「目の前の仕事に全力で打ち込みながら、新たな可能性にも挑みたい」。宗敬さんの下、4人の匠がそれぞれの技量と持ち味を発揮し、4本の火箸が風鈴へと姿を変える。

 伝統とともに、家族とともに――。若き当主が率いる〈チーム明珍〉が鋼の絆で伝統をつなぐ。(北野浩暉、おわり)

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2652676 0 ウィズyou あなたとともに 2022/01/06 05:00:00 2022/01/06 05:00:00 2022/01/06 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220106-OYTAI50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)