神河産ユズとろろ 名脇役

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

鍋GP優勝「すき焼き」

提供レストラン人気に 来月までお膳記念価格

 姫路市で1月26、27両日に開催された「ニッポン全国鍋グランプリ」で、神河町の「和牛の柚子ゆずとろろすき焼き」がグランプリとなったのを記念し、鍋を出品した神河町根宇野みよのの野外活動施設「グリーンエコー笠形」は、施設内のレストランで「ゆずとろろすき焼き膳」を、3月末まで、通常価格より300円安い1180円(税込み)で販売している。(斎藤剛)

特別価格で提供している「ゆずとろろすき焼き膳」
特別価格で提供している「ゆずとろろすき焼き膳」

 鍋グランプリでは、来場者の投票が最多となり、参加した全国60の鍋料理の頂点に立った。すき焼きの溶き卵の代わりに、神河町産のジネンジョのとろろを使うのが特徴。とろろの中には刻んだユズの皮が入っており、とろろのうま味とユズのさわやかな香りがするのが好評だった。ユズの皮は1日干すことで酸味がほどよくとび、うま味と甘みが増すという。約1800食を完売し、2日目の昼過ぎには品切れとなった。

 考案したのは、料理長の前田正義さん(56)。稲美町出身で神戸の日本料理店などで修業。知人に誘われ、自然豊かな神河町に魅力を感じて約20年前に同施設の料理長として赴任した。

 レストランでは、町特産のユズを使った料理を増やし、「ゆずコロッケ」「ふわたまゆずうどん」「ゆず豚丼」などをメニューに。鍋グランプリ出場が決まった昨秋、数年前から構想していたジネンジョとユズを組み合わせたすき焼きを出すことを決め、レストランのメニューにも加えた。牛肉をあっさりと味わえ、関係者の試食でも手応えはあったが、「優勝できるとは思っていなかった。完売が目標だったのでびっくり」という。

 「頂点」に立ったことで、同施設には多くの人が訪れ、1日で50食以上が売れるなど注目度もアップ。2020年秋に埼玉県和光市で開催される「グランドチャンピオン大会」への出場も決定。前田さんは「神河町をPRできるように頑張りたい」と意気込む。

 レストランの営業は午前11時~午後8時。黒毛和牛を使った「ゆずとろろすき焼き」もあり、1人前5000円(要予約で2人前から)。今秋には「ゆずとろろカルビ丼」も加えるという。問い合わせはグリーンエコー笠形(0790・32・1307)へ。

無断転載禁止
425553 0 ニュース 2019/02/06 05:00:00 2019/02/06 05:00:00 2019/02/06 05:00:00 特別価格で提供している「ゆずとろろすき焼き膳」(神河町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190205-OYTNI50039-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ