忍たま 車体で任務遂行中?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

山電がラッピング電車

忍たま乱太郎のキャラクターが描かれたラッピング電車(姫路市で)
忍たま乱太郎のキャラクターが描かれたラッピング電車(姫路市で)

 山陽電鉄は19日、テレビアニメ「忍たま乱太郎」のキャラクターを車体に描いたラッピング電車(3両)の運行を始めた。山陽姫路から神戸方面と、網干線(飾磨―山陽網干)での普通電車として9月8日まで走らせる。期間中、沿線でスタンプラリーを実施する。

 車体や窓、内側のドアなどに忍者の服を着たキャラクターが描かれている。車体の色は、作品に登場する「忍術学園」の忍者服の色に合わせた紫や緑、水色など6色で、電車の左右や各車両で色が異なる。

 出発式が19日、山陽姫路駅であった。尼崎市在住の原作者・尼子騒兵衛さんも出席し、「きれいでかわいい電車になってすごく喜んでいる。遊び心満載で中からも外からも見て楽しんでもらえる」と話した。姫路市立琴丘高1年前田賢作さん(15)は「車体の色が目立ってかっこいい」と写真を撮っていた。

 期間中、山陽姫路―西代間と網干線が1日乗り放題で、須磨浦ロープウェイなどにも乗れるチケットを大人1300円、子ども650円で販売。スタンプラリーでは、山陽姫路など5駅でスタンプを集めた人に、ゴールの板宿駅でオリジナルノートを贈呈する(先着1万人)。問い合わせは山陽電車ご案内センター(078・913・2880)。

無断転載禁止
700717 0 ニュース 2019/07/21 05:00:00 2019/07/21 05:00:00 2019/07/21 05:00:00 忍たま乱太郎のキャラクターが描かれたラッピング電車(姫路市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190720-OYTNI50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ