神大アメフト 進撃の赤

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

攻撃の起点となっている神戸大の是沢選手(右端、神戸市灘区で)=枡田直也撮影
攻撃の起点となっている神戸大の是沢選手(右端、神戸市灘区で)=枡田直也撮影
応援を呼びかけるチラシ
応援を呼びかけるチラシ

甲子園ボウル 初出場目指す

 神戸大アメリカンフットボール部が今季、快進撃を続けている。関西学生リーグで5勝2敗の3位に入り、関西の国立大として初めて全日本大学選手権へ出場。24日の関学大(関西2位)戦に勝ち、さらに立命大(1位)を破れば、学生王者決定戦「甲子園ボウル」への初出場が決まる。初の日本一に向け、OBも「観客席をチームカラーの赤色で染めよう」と盛り上がっている。

 ◇24日関学戦 OB応援呼びかけ

 神戸大は選手同士で話し合い、チーム方針や戦術を決める「学生主体」が伝統。1990年、京大とリーグ優勝を争う「国立大決戦」で話題を呼んだが、その後は2部落ちも経験した。今季は主将のWR中谷建司選手(4年)、QB是沢太朗選手(同)を中心に「日本一」を目標に掲げ、リーグ戦では随所に勝負強さを発揮。強豪の関大、京大などを破った。

 全日本大学選手権の初戦では、中京大に苦しみながらも24―17で競り勝ち、昨季の学生王者の関学大との決戦へ進んだ。アメフト界をリードしてきた名門との一戦を前に、OB有志が1万人の動員を目指す応援プロジェクトをスタート。赤色のタオルやTシャツなどを持参した応援で「スタンドを真っ赤に」と呼びかけるチラシを作成し、SNSなどで発信している。

 試合は24日正午、大阪府吹田市の万博記念競技場でキックオフ。リーグ戦は15―17と惜敗した相手だけに、OB会では「(アメフト部だけでなく)神大生、神大卒業生の皆さんの力もぜひ貸してほしい」としている。98年シーズンで主将を務めた増田卓司監督は「選手たちも『やってやろう』という気持ちになっている。学生中心に作戦を練り、真っ向勝負で挑みたい」と意気込んでいる。

無断転載禁止
912508 0 ニュース 2019/11/22 05:00:00 2019/11/22 05:00:00 2019/11/22 05:00:00 関西アメリカンフットボールリーグ最終節に向けて練習する神戸大の是沢太朗(右端)ら(31日、神戸市灘区で)=枡田直也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191122-OYTNI50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ