県立病院 がん見落とす

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

西宮、丹波 治療 5~2年遅れ

 県は29日、県立西宮病院(西宮市)と県立丹波医療センター(丹波市)の医師が、それぞれ肺がんの疑いを示す検査結果を見落とし、患者2人の治療が5~2年遅れる医療ミスがあったと発表した。県は2人に謝罪し、補償を検討している。

 発表によると、西宮病院では、50歳代の男性が2014年4月にコンピューター断層撮影法(CT)検査を受診。放射線科の医師が肺に30ミリの腫瘍の影を見つけ、電子カルテに肺がんの可能性があることを記したが、CT検査を依頼した担当医師はカルテの記載を見落とし、画像を確認しなかった。

 男性が19年8月、別の症状で来院した際、検査記録を再確認して見落としが判明。腫瘍は40ミリに拡大し、脳にも転移していた。男性は他の病院で治療を続けているという。

 丹波医療センターでは、60歳代の女性が17年5月、腹部のCT検査を受けた。画像には肺の下部に25ミリの腫瘤しゅりゅうの影が映っていたが、放射線科の医師は肺が検査の対象外だったこともあり、見落とした。

 女性は胸の違和感を訴えて、19年9月に再びCT検査を受け、別の医師が55ミリまで大きくなった腫瘤を見つけた。女性は肺がんと診断され、別の病院で治療を継続しているという。

無断転載・複製を禁じます
1027296 0 ニュース 2020/01/30 05:00:00 2020/01/30 05:00:00 2020/01/30 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ