読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

福祉施設発 逸品クッキー

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

慣れた手つきでクッキーの型抜きをする通所者ら(神戸市灘区で)=八木良樹撮影
慣れた手つきでクッキーの型抜きをする通所者ら(神戸市灘区で)=八木良樹撮影
銘酒・福寿の酒粕を使った「酒粕バタークッキー」
銘酒・福寿の酒粕を使った「酒粕バタークッキー」

銘酒酒粕×名匠のレシピ

 神戸市灘区の障害者就労支援センター「オリンピア岩屋」が、銘酒「福寿」の酒かすを使ったバタークッキーを販売している。福寿を製造する酒造会社「神戸酒心館」から安価で酒粕を譲り受け、現代の名工として表彰された洋菓子職人の福原敏晃さんにレシピを依頼した。本格的な味わいが楽しめる逸品で、関係者は「障害者の工賃アップや食品ロス削減につなげたい」と話す。(畑夏月)

神戸の法人企画 工賃アップ、食品ロス削減狙い

 「酒粕バタークッキー」は昨年12月から神戸酒心館で販売されている。センターを運営する社会福祉法人「光朔会」(神戸市中央区)が「収益を工賃に還元することで、障害者の自立につなげるモデルにしたい」と「一流の味」にこだわり、福原さんと神戸酒心館に協力を呼びかけた。

 神戸酒心館の安福武之助社長(47)によると、同社で生じる酒粕は年間約50トン。クッキーの販売が軌道に乗れば、食品ロスの削減と障害を持つ人の工賃アップが実現でき、「経営の柱でもあるSDGs(持続可能な開発目標)にもなる」と期待する。

 クッキーは福寿の酒粕のほか、ミネラルが豊富な但馬・竹野浜の「誕生の塩」を使用。炭酸せんべいを混ぜ合わせた生地も「食感のアクセントになっている」と好評だ。

 県が1月に開いた障害のある人が作る菓子コンテストでは、グランプリを獲得した。作業をする森脇千愛さん(26)は「両親も喜んでいる。頑張って作りたい」と話す。

 クッキーは100グラム入りで税込み540円。問い合わせは、オリンピア岩屋(078・802・7098)。

 ◆SDGsは2015年の国連サミットで採択された。貧困やジェンダー、飢餓など17の分野で、30年までに実施、解決する国際目標として掲げられた。地球上の「誰一人取り残さないこと」を誓っている。

無断転載・複製を禁じます
1889712 0 ニュース 2021/03/06 05:00:00 2021/03/06 05:00:00 2021/03/06 05:00:00 慣れた手つきでクッキーの型抜きをする通所者ら(19日午後、神戸市灘区のオリンピア岩屋で)=八木良樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210305-OYTNI50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)