読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

はばタン 田んぼで笑顔 但東

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

見ごろを迎えた「はばタン」の田んぼアート(6日、豊岡市但東町で)
見ごろを迎えた「はばタン」の田んぼアート(6日、豊岡市但東町で)

 豊岡市但東町正法寺にある「シルク温泉やまびこ」前で、異なる色の稲で描く〈田んぼアート〉が見ごろだ。モチーフは県のマスコットキャラクター「はばタン」。笑顔で羽ばたく様子が散策する入浴客らを楽しませている。

 田んぼアートは2011年から続く恒例行事。今年は新型コロナウイルス禍に負けず、元気に――とのメッセージをこめ、昨年に続いて「はばタン」が選ばれたという。

 約1800平方メートルに黄色の体はコシヒカリ、目と口とトサカ、背景は黒や赤、白と種類の異なる古代米の計8万株を使用して表現。5月中旬に温泉を経営する会社の社員ら約10人が植えた。

 現在、体は色鮮やかな緑。ゆっくりと黄色へ変わっていくといい、施設裏のフィールドゴルフ場などから眺めるのがお勧め。社員らは「コロナの疲れを温泉と田んぼアートで癒やしてほしい」とアピールしている。問い合わせはシルク温泉やまびこ(0796・54・0141)へ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2188540 0 ニュース 2021/07/08 05:00:00 2021/07/08 05:00:00 2021/07/08 05:00:00 見ごろを迎えた「はばタン」の田んぼアート(豊岡市但東町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210708-OYTNI50005-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)