「名刀 正宗乙天」プラチナ賞

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

仏の日本酒品評会 最高賞候補16点に選出

プラチナ賞を受賞した「名刀正宗 乙天」をPRする田中専務
プラチナ賞を受賞した「名刀正宗 乙天」をPRする田中専務

 姫路市の酒造会社「田中酒造場」が製造した「名刀正宗  乙天おとてん 」が、フランスで7月に開かれた日本酒品評会「Kura Master(クラ・マスター)」の純米酒部門でプラチナ賞を受賞した。全部門で最も優れた酒に贈られるプレジデント賞候補の16点にも選ばれており、田中智久専務は「世界を代表するソムリエに認めてもらえて自信になった」と喜んでいる。

 Kura Masterは、2017年から始まったフランス人のための日本酒コンクールで、同国の世界的ソムリエらが審査員を務める。今回は純米大吟醸、スパークリングなど5部門に過去最多の312の蔵から計960点が出品され、104点がプラチナ賞に選ばれた。

 9月20日にパリで授賞式が開かれ、プラチナ賞上位16点の中から、プレジデント賞1点が選出される。

 「名刀正宗 乙天」は、県産山田錦を65%に磨き、酸味がほどよく利いた甘口に仕上げた。ふくよかで口あたりはやわらかく、しっかりした味付けの魚介料理に合うという。

 播磨地域の日本酒は昨年3月、国が地域ブランドとして保護する地理的表示(GI)制度の対象に指定され、姫路酒造組合などは「GIはりま」としてPRしている。田中専務は「今回の受賞でGIはりまがもっと世界に認知されるようになれば」と期待する。

 乙天は500ミリ・リットル入り1100円、1・8リットル入り2750円。フランスでは「シャトー シラサギ65」と名付けており、受賞記念でフランスラベルの乙天(720ミリ・リットル入り1540円)を500本限定で販売している。問い合わせは同社(079・236・0006)。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2305049 0 ニュース 2021/08/23 05:00:00 2021/08/23 05:00:00 2021/08/23 05:00:00 プラチナ賞を受賞した「名刀正宗 乙天」(6日午後1時56分、姫路市で)=新良雅司撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210822-OYTNI50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)