街中にトリックアート

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

加東市 本格展開 観光資源に

 加東市は、目の錯覚で平面の絵が立体的に飛び出して見えるだまし絵を、市中の集客施設や公共施設などに設置する「まちなかトリックアート」を本格的に展開する。昨年試行した3か所に加え、6月1日までに6か所で実施。加東アート館(加東市下滝野)のトリックアート展示と併せて、人を呼び込む観光資源にする。(高田寛)

JR滝野駅の床に描かれたトリックアート。人が乗ると、水面に突き出た柱の上に立ったり歩いたりしているように見える(加東市で)
JR滝野駅の床に描かれたトリックアート。人が乗ると、水面に突き出た柱の上に立ったり歩いたりしているように見える(加東市で)
道の駅とうじょうの休憩所には、一本橋を渡っているように見える作品がある(加東市で)
道の駅とうじょうの休憩所には、一本橋を渡っているように見える作品がある(加東市で)

駅、公園、児童館・・・

 トリックアートは、作品の前で人物を入れてスマートフォンなどで撮影すると、絵画の世界に入り込んだようなカットを楽しめる。市はサイクリングやウォーキングによる散策や広域周遊観光に力を注いでおり、市内に点在する「トリックアート巡り」をPRして集客に生かす。

 これまで、加東アート館のほか、県立播磨中央公園、JR加古川線滝野駅、道の駅とうじょうに、トリックアートを設置してきた。新たに、やしろショッピングパーク Bioビオ 、社児童館やしろこどものいえ、ミナクル、 神結かみむすび 酒造、市役所の1階ロビーと4階通路でも、鑑賞できるようにする。

 「まちなか」の作品は、アート館の4月の展示替えで日の目を見なくなった旧作品を活用する。2023年度以降も、市中の作品を増やしていく方針。

 市内や周辺では、源義経伝説を題材にしたスマホアプリによるスタンプラリーを、市観光協会が行っている。市はトリックアートのスポットと併せて巡る周遊バスを、今秋頃にも運行する計画を進めている。

 トリックアートを地域の活性化に生かす取り組みは、岐阜県大垣市や北九州市などでも行われている。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3018276 0 ニュース 2022/05/21 05:00:00 2022/05/21 05:00:00 2022/05/21 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220521-OYTNI50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)