三宮駅前広場 自由に呼んで

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

神戸市、名称決めず

阪急神戸三宮駅前の広場。待ち合わせ場所として長年親しまれている(神戸市中央区で)
阪急神戸三宮駅前の広場。待ち合わせ場所として長年親しまれている(神戸市中央区で)

 シンボルだった三つのおわん形のオブジェから、長年「パイ山」などの愛称で親しまれてきた阪急神戸三宮駅前の広場(約1200平方メートル、神戸市中央区)の名称について、昨年10月に山を撤去するなどの新装整備を終えた神戸市が、「広場の名前は自由に呼んでください」と異例の呼びかけをしている。新たな名称を検討してきた市が、「定着した名前はなく、一つに絞る必要がない」と判断し、公式な広場名を定めないことにした。

 1985年に整備された旧広場は、放置自転車対策のためにできたおわん形の山がシンボルで、「パイ山」「でこぼこ広場」などの愛称で呼ばれていた。待ち合わせ場所や音楽イベントに使われている。

 2007年には市などが公募して決めた「さんきたアモーレ広場」も呼び方の一つに加わったが、駅ビルの建て替え工事に伴い、16年5月に閉鎖されていた。

 新広場には山はなくなり、円盤のオブジェが配された。市は「利用者の間で定着した名前を使う」とし、職員が利用者約100人に現地で聞き取り調査をした。

 ただ、8か月経過しても、パイ山、アモーレ広場に加え、「旧パイ山」「パイ山跡」「阪急前」など様々に呼ばれており、「自由に呼んでもらうことが最善」と判断したという。

 イベントの使用許可など行政上の手続きでは、「サンキタ広場」という名称を使う方針という。

 市は7月11日までの間、公式名称を決めないことについて、神戸市内外の人から広く意見を募集する。

 原田充・都心三宮再整備担当部長は「『名前を決めるべきだ』という声もあるかもしれないので、集まった意見を踏まえて改めて名称を検討することもある」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3119368 0 ニュース 2022/06/28 05:00:00 2022/06/28 05:00:00 2022/06/28 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220627-OYTNI50087-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)