ワラビーベビー すくすく

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

姫セン 授乳様子など公開

ミルクを飲むワラビーの赤ちゃん(姫路セントラルパークで)
ミルクを飲むワラビーの赤ちゃん(姫路セントラルパークで)

 姫路市豊富町の姫路セントラルパークで、人工哺育されているワラビーの赤ちゃんの一般公開が始まった。28~30日は休園日で、7月1日から見られる。

 ワラビーはカンガルー科の動物。赤ちゃんはオスで、正確な誕生日は不明だが、4月21日に母親の「ステラ」の袋にいる姿が確認された。

 5月に袋から落ちて弱っているところを発見され、人工哺育に切り替えられた。見つかった時は危険な状態だったものの、飼育員の処置で回復。630グラムだった体重は920グラムに増えた。

 普段は保育器につるされた袋の中で過ごしているが、授乳の際に出されると、周囲を跳び回るなど元気いっぱい。ミルクを飲むかわいらしい姿に来場者も目を細めて見入っている。

 授乳時間は午前11時半と午後3時半。公開を休止する場合あり。休園日などの問い合わせはセントラルパーク(079・264・1611)へ。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3119378 0 ニュース 2022/06/28 05:00:00 2022/06/28 05:00:00 2022/06/28 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220627-OYTNI50088-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)