競技転向挫折を力に 自転車 梶原悠未 選手22 ★覚醒

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

筑波山麓で練習に励む梶原選手(昨年12月12日、つくば市で)
筑波山麓で練習に励む梶原選手(昨年12月12日、つくば市で)
お気に入りのにゅうめんを食べる梶原選手(本人提供)
お気に入りのにゅうめんを食べる梶原選手(本人提供)

 ニュージーランドで行われた昨年12月のトラックワールドカップ(W杯)第4戦。1日で4種目行う得意のオムニアムで優勝を決め、涙を流した。「やっとここまで来た」。今まで並ぶことすらできなかった海外選手に競り勝った。

 キャリアはまだ6年ほど。急成長の鍵を日本代表の柿木孝之・強化コーチ(49)は、「目標のためにすべきことを考え、自らを覚醒させていく能力」とみる。2018年5月、中国での国際大会もそうだった。入賞が精いっぱいの1レース目から、中数日の2レース目では格上の選手を圧倒して優勝。動画を見返し、ライバルとの位置取りを改善した。

 目標を立てて達成することは、幼い頃からの習慣だ。「どうなりたいの?」。母の有里さん(47)から常にそう問われ、曖昧な姿勢は戒められてきた。正月には、1年の目標や夢を発表しなければお年玉がもらえなかった。1歳から始めた水泳では、次の記録会での具体的な目標タイムを設定し、小学4年から毎年全国大会に出場した。

 五輪も憧れたが、中3の夏、全国中学生大会の県予選でタイムが伸びず、全国を逃した。水泳での限界に直面して落ち込む中、母が光をともしてくれた。「もっと他に向いているスポーツがあるって、神様が言っているんじゃない?」。思い切って、水泳部のない筑波大付属坂戸高校へ進学。新たな可能性を追って、自転車競技部に入部した。

 水泳で培った体力や心肺能力という土台に、スクワット1000回を週3度といったハードトレ。すぐに頭角を現した。2か月でインターハイ出場を決め、高1の3月には全国高校選抜大会で3種目優勝。レースを見た柿木コーチは圧倒的な運動能力の高さに驚嘆し、代表に誘い入れた。

 ただ、東京五輪を目標とするのに葛藤があった。「真剣に目指したのに出場できなかったらどうしよう」。水泳での経験から挫折を味わうことへの恐怖心が芽生えていた。背中を押してくれたのは、またも母だ。「五輪に向けて努力した日々は自分を成長させてくれる。人生において大切なことよ」。決意が固まった。

 その頃から、目標のレースがある日のスケジュール帳に、レースを終えた未来の自分へメッセージを書くようになった。「優勝おめでとう」「圧倒的な勝ち方でかっこよかったよ」――。達成した自分へのメッセージは、より未来志向になってモチベーションを高める仕掛けでもある。

 1日にロードで4時間、トラックで3時間練習した後、プールで3000メートル泳ぎこむといった猛特訓もこなす。見据えるのはもちろん、東京五輪での金メダル。スケジュール帳はまだ白紙でも、覚悟が定まった時、こう書くつもりだ。「毎日、吐くまで追い込んだ練習、筋肉痛じゃない日がないくらい酷使し続けた身体からだ、練習を趣味にして自らを追い込み続けた強い気持ち、地道な努力の日々を金メダルという形で残してくれてありがとう。最高の興奮とうれし泣きを味わってね」(岩井友里)

にゅうめんで「ほっ」

 勝負メシは、京都の老舗料亭「菊乃井」の即席にゅうめんだ。オムニアムは1日でスクラッチ、テンポレース、エリミネーション、ポイントレースと4種目をこなすため、レース間のエネルギー補給が非常に重要。カロリーが高く、喉を通りやすいにゅうめんは強い味方だ。

 東京五輪では4種目を3時間でこなすため、レース間に休憩できる時間は1時間もない。ハードなレース後は息が切れ、短時間で固形物を食べるのは苦行。これまでに高齢者用の食事なども試したが、にゅうめんが最も食べやすく、しかもダシの利いたスープは海外レースでもほっとする味だ。「幸せな気持ちになり、パワーがみなぎる」という愛用の一品をメダルへの活力にしたい。

 かじはら・ゆうみ 埼玉県和光市出身。筑波大学体育専門学群4年。2015年ジュニアアジア選手権で5種目優勝。17年トラックワールドカップ(W杯)第3戦オムニアム種目で日本女子初の金メダルを獲得。19年のW杯でも同種目で2勝した。

無断転載禁止
994868 0 懸ける ~KAKERU~ 2020/01/11 05:00:00 2020/01/11 05:00:00 2020/01/11 05:00:00 筑波山麓でペダルをこぐ梶原選手(12月12日午後2時47分、つくば市で)=岩井友里撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200110-OYTAI50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ