クライミング人工壁完成 鉾田総合公園 今秋国体で使用

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

完成した茨城国体のスポーツクライミング「リード」競技用の壁(鉾田市提供)
完成した茨城国体のスポーツクライミング「リード」競技用の壁(鉾田市提供)

 今秋開催される茨城国体スポーツクライミング競技の会場となる鉾田市の鉾田総合公園にリード種目用の人工壁が完成した。リードは、ロープで安全を確保しながら高さ12メートル以上の壁を登り、到達した高さを競う。

 新設されたのは高さ約12メートル、幅約3メートルのリード壁2面。壁の下部は可動式となっている。昨年12月から設置工事を始め、今月10日に完成した。6月のリハーサル大会と、10月4日~6日の国体で使用される。国体終了後は取り壊して撤去される予定。

 スポーツクライミングの県勢には、女子の第一人者野口啓代あきよ選手(龍ヶ崎市出身)や森秋彩あい選手(つくば市在住)らがおり、優勝の期待がかかる。国体では、制限時間内に登れた回数を競うボルダリングも行われる。

無断転載禁止
554868 0 ニュース 2019/04/26 05:00:00 2019/04/26 05:00:00 2019/04/26 05:00:00 完成した茨城国体スポーツクライミングリード競技用の壁(鉾田市提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190425-OYTNI50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ