珍しい品種楽しむ/つくば クレマチス特別公開

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

見頃を迎えたクレマチス「美佐世」(8日、筑波実験植物園で)
見頃を迎えたクレマチス「美佐世」(8日、筑波実験植物園で)

 国立科学博物館筑波実験植物園(つくば市)で、恒例のクレマチス特別公開が行われている。今年は、品種名のプレートに「日本の名花」というワッペンを貼り、国内で作られた品種と分かるよう工夫した。好天に恵まれた8日、園内では昭和の品種「美佐世みさよ」がかれんに咲き誇っていた。

 同園は野生種と、園芸用に改良された品種の計約250種、1200株を育てており、毎年この時期に公開。土浦市から訪れた横田よし子さん(79)は「繊細で美しい。珍しい品種がたくさんあって楽しい」と話していた。

 6月2日まで。18日は入園無料。13、20、27日は休園。研究者によるセミナーやガイドツアーもある。問い合わせは同園(029・851・5159)。

無断転載禁止
572908 0 ニュース 2019/05/09 05:00:00 2019/05/09 05:00:00 2019/05/09 05:00:00 見頃を迎えたクレマチス「美佐世」(8日午後2時33分、つくば市天久保の筑波実験植物園で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190508-OYTNI50014-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ