茶摘み体験楽しいね さしま茶に児童ら親しむ

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

茶摘みを楽しむ小学生たち
茶摘みを楽しむ小学生たち

 坂東市の特産品「さしま茶」について理解を深めてもらおうと、市内の小学生らを対象とする「さしま茶ふれあい学習」が9日、同市岩井の県立農業大学校で開かれた。

 県茶生産者組合連合会坂東支部の主催で、市内13校の小学4年生と市民が参加した。大学校の職員から県内のお茶の産地やさしま茶の歴史などの説明を受けた後、子供たちは構内の茶畑で茶摘みを体験。はしゃぎながら新芽を摘んでは段ボール箱に入れた=写真=。

 摘んだ茶は製茶工場へ運ばれ、蒸したり、乾燥したりする工程を見学。最後に抹茶饅頭まんじゅうを食べながら新茶を試飲した。中川小4年の男子児童は「初めて茶摘みをしていい体験になった。楽しかった」と話していた。

574995 0 ニュース 2019/05/10 05:00:00 2019/05/10 05:00:00 2019/05/10 05:00:00 茶摘みを楽しむ小学生たち(坂東市岩井で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190509-OYTNI50033-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ