県産メロン今が旬 ほこたブランド大使がPR

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

県産メロンをPRする槐さん(右から2人目)ら
県産メロンをPRする槐さん(右から2人目)ら

 旬を迎えた県産メロンをPRしようと、県内有数の生産地、鉾田市のほこたブランド大使・えんじ未咲さん(21)らが10日、読売新聞水戸支局を訪れた。

 県のメロン生産量は全国1位。5~6月には「アンデス」「イバラキング」「クインシー」が旬を迎え、県内外でPRイベントが開かれる。県内では15日から、菓子店や飲食店など83店舗が県産メロンを使ったオリジナルメニューを提供。SNSで県産メロンの写真を投稿すると、抽選でメロンが当たるキャンペーンも初めて行われる。

 県や鉾田市は期間中、東京・有楽町駅前や百貨店などでも売り込む予定だ。槐さんは、「鉾田のメロンは良い匂いで甘くてとろけるようにおいしい。これから旬なのでたくさん食べてほしい」とPRした。

無断転載禁止
577000 0 ニュース 2019/05/11 05:00:00 2019/05/11 05:00:00 2019/05/11 05:00:00 県産メロンをPRする槐さん(右から2番目)ら(読売新聞水戸支局で)=岩井友里撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190510-OYTNI50032-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ