常磐神社隣に憩いの場 水戸

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ときわ邸M―GARDENの完成予想図
ときわ邸M―GARDENの完成予想図

 水戸市の常磐神社の隣に、市民の新たな憩いの場「ときわ邸M―GARDEN」が建設されることになった。水戸市出身の企業経営者らで作る民間団体「水戸ど真ん中再生プロジェクト」の第8弾。カフェや多目的スペースなどを設ける計画で、2020年7月の完成を目指すという。

 同団体が10日、発表した。長年空き家があったという、常磐神社に隣接した一角が敷地。鉄骨2階、延べ面積約500平方メートルの「ときわ邸M―GARDEN」を建設する。

 1階にはカフェや、イベント、結婚式などができるホールを設ける。2階には、会議や研修用の多目的スペース、民泊にも利用できる3部屋を用意する。コンセプトは「令和の好文亭」。多くの木材を使い、屋根の勾配なども好文亭を模す。

 千波湖を一望できる好立地。偕楽園駅駐車場から直接邸宅まで登れる庭園も整備する予定で、総事業費は約5億円。

 実は、普段は都内に住む同団体の堀義人座長が、必要に応じて使う個人の邸宅でもある。一般市民や観光客、他県や外国からの来客をもてなす場として活用することを考えた。

 堀さんは「千波湖の景観を楽しんでもらい、憩いの場として価値を高めたい」と話す。設計を担当するのは水戸一高出身の1級建築士、中郡大輔氏で、「周りの景観、敷地の特性を生かせるように設計した」と話している。

579337 0 ニュース 2019/05/13 05:00:00 2019/05/13 05:00:00 2019/05/13 05:00:00 完成予想図 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190512-OYTNI50044-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ