古河市が生活支援アプリ 子育て、観光など多彩

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

古河市が提供を始めたスマートフォン用アプリ「コガノイロ」
古河市が提供を始めたスマートフォン用アプリ「コガノイロ」

 古河市はスマートフォン用の生活支援アプリ「コガノイロ」の提供を始めた。ごみ収集日や公共施設などの情報を手軽に閲覧できるだけでなく、子どもの成長を記録できる「子育て日記帳」や、観光客に役立つ古河駅西口周辺の「まちなかお散歩マップ」など、盛りだくさんの内容だ。

 アプリはQRコードや配信サイトを通じて無料でダウンロードできる。初めにユーザー情報を登録して設定すると、「市からのお知らせ」をはじめ、地区ごとのごみ収集日や子どもの予防接種の受診日などが通知されるようになっている。

 「子育て日記帳」では、「首がすわった」「はいはいができた」など子どもの日々の成長を写真とともに記録できる。身長や体重をグラフで表示したり、病歴を記録したりすることも可能だ。「施設マップ」は市内公共施設を調べることができ、GPS機能を使って現在地からの道案内もできるようになっている。

 「まちなかお散歩マップ」は駅西口周辺の観光ルートについて2~4時間で巡る散歩コースをはじめ、文学の散歩コースも表示され、観光客にも重宝されそうだ。

 災害時の避難所一覧や持ち出し品リストなどは、電波が届かないときでも閲覧できるようになっている。

 市シティプロモーション課では「子育て支援を中心としたスマホのアプリを導入する自治体は多いが、コガノイロは、子育て世帯はもちろん、さらに幅広い年齢層で活用できるように充実させた。市外からの観光客に古河市を知るきっかけにしてもらえたら」と話している。

無断転載禁止
638469 0 ニュース 2019/06/15 05:00:00 2019/06/15 05:00:00 2019/06/15 05:00:00 古河市が提供を始めたスマートフォン用のアプリ「コガノイロ」(午後5時7分、古河市役所本庁舎で)=平山徹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190614-OYTNI50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ