希少物質低コスト製造 産総研と筑波大 技術開発目指す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

開所式で握手する産総研の中鉢理事長(左)と筑波大の永田学長(4日、つくば市で)
開所式で握手する産総研の中鉢理事長(左)と筑波大の永田学長(4日、つくば市で)

 産業技術総合研究所と筑波大は4日、植物からとれる天然の希少物質を利用し、医薬品や健康食品の開発につなげる共同研究室「食薬資源工学オープンイノベーションラボラトリ」の開所式を同大で開いた。設置は11月15日付。互いの得意分野を生かし、薬効のある希少物質を低コストで製造する技術の開発を目指す。

 筑波大は、健康的でバランスが良いとされる地中海食や、現地の伝統的な薬草などについて研究。企業と共同で、オリーブに含まれる成分から健康食品を開発した実績もある。ただ天然の希少物質は購入すると1グラム数百万円するものもあり、研究で利用しにくかった。

 そこで、触媒を使って化学物質を合成する技術を持つ産総研と協力。植物に大量に含まれる別の物質から希少物質を合成し、コストを100分の1~1000分の1程度にする目標という。共同研究室は約30人体制で、設置期間は2024年3月まで。

 研究室の代表に就いた礒田博子・筑波大教授は「健康増進に役立つ医薬品や食品を開発したい」と話した。

 開所式には約100人が参加し、産総研の中鉢良治理事長や筑波大の永田恭介学長らがあいさつした。

無断転載禁止
933346 0 ニュース 2019/12/05 05:00:00 2019/12/05 05:00:00 2019/12/05 05:00:00 開所式で握手する産総研の中鉢理事長(左)と筑波大の永田学長(4日、つくば市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191204-OYTNI50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ