高速バス補助打ち切りへ 茨城空港―東京駅 知事「県内で消費ない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大井川知事は22日の定例記者会見で、関東鉄道(本社・土浦市)が運行する茨城空港―東京駅の高速バスの補助を新年度から打ち切ると発表した。「インバウンド(訪日外国人客)が茨城で消費することなく、東京に行って帰ってきている懸念がある」と述べた。

 県は今年度、同社に連絡バス運行事業費約7500万円を補助していたが、新年度予算編成では、代わりにインバウンドの県内周遊を促す交通ルート確保などの事業費にあてる方針。

 高速バスは現在、茨城空港から東京駅まで1日6~9便、東京駅から茨城空港まで同6~8便を運行。空港利用者は航空券の半券を示すなどして片道500円で利用できる。同社は「料金をどうするかはまだ決まっていない。今後、対応を検討する」としている。

 利用者以外の通常料金は1530円。同社の対応次第だが、現在の3倍になる可能性がある。同社への補助は、東京都心への交通利便性向上のため、開港した2010年から行われている。18年度は約11万8000人が利用したという。

無断転載・複製を禁じます
1014165 0 ニュース 2020/01/23 05:00:00 2020/01/23 05:00:00 2020/01/23 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ