笠間で名品・珍品展 長渕剛さんの絵画も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

=写真=
=写真=

 笠間市にある笠間日動美術館で、企画展「名品・珍品 お宝展」が開かれている。会場入り口にあるのはミュージシャン長渕剛さんの絵画「不動明王~怒りが悲しみに変わる時~」。ほかにも洋画の手法が日本に入ってきたばかりの江戸・明治時代に描かれた絵画などがある。学芸員の西尾真名さん(27)は「まだ発展途上で人体の描き方や遠近法が不完全。そこに注目するのも面白い」と話す。

 同市出身の日本画家・木村武山のコレクションも見所の一つ=写真=。掛け軸などの作品、本人が使用していたすずりや染料などが特別公開されている。

 3月8日まで。午前9時半~午後5時。原則月曜休館。入館料などの問い合わせは同館(0296・72・2160)。

無断転載禁止
1014168 0 ニュース 2020/01/23 05:00:00 2020/01/23 05:00:00 2020/01/23 05:00:00 木村武山のコレクション(1月9日午後2時37分、笠間市で)=菊池結貴子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200122-OYTNI50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ