鹿嶋市が宅食検索アプリ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

地域おこし隊佐藤さん作成

 新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が続く中、鹿嶋市はテイクアウト(持ち帰り)や宅配を行う飲食店を検索できるアプリを導入した。

 アプリは、市地域おこし協力隊の佐藤侑奈さんが作った。これまでも市ホームページに店名や問い合わせ先を掲載していたが、アプリを利用すれば、和食やカレーなど食べたい料理や住んでいる地域名から店舗を見つけられる。2日時点で61店舗が登録されている。

 市では現在、注文した料理を撮影し、「#鹿嶋エール飯」のハッシュタグを付けて、店名などと一緒にSNSに投稿すると、抽選で毎週1人にシラスや野菜といった市の特産品が当たるキャンペーンを行っている。

 佐藤さんは「わかりやすく、魅力的に伝えたいと思い、アプリを作成した。多くの人に使ってもらえたら」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1209081 0 ニュース 2020/05/09 05:00:00 2020/05/09 05:00:00 2020/05/09 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ