読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ウナギ屋店主「七変化」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

テイクアウト用のうな重を手渡す馬場さん(笠間市で)
テイクアウト用のうな重を手渡す馬場さん(笠間市で)

コロナで客足減 変装で元気届ける

 新型コロナウイルスに負けるなと、笠間市笠間のウナギ店店主が、自慢のうな重と、歌舞伎役者など様々な格好に“七変化”してもてなすユニークなパフォーマンスで訪れる客に元気を届けている。(田原遼)

 「いらっしゃい。このウナギで元気つけや~」。13日昼、香ばしい煙が立ちこめる「うなぎ量深りょうしん」の店内で、ドーランで顔にくま取りを施し、歌舞伎役者になりきった馬場万作さん(47)が声を張り上げた。「今日は歌舞伎ですか」「写真を撮ってもいいですか」。訪れた客はその姿に驚き、笑顔を見せた。

 感染拡大防止のため店内営業を一時取りやめ、テイクアウトと宅配に。だが、外出自粛要請などによる客足の落ち込みは想像以上で、1週間に数人しか客が来ない時もあった。現状を変えたいと思いついたのが、「自らの大きい顔を生かしたパフォーマンス」だった。

 外国人客を喜ばせたいと過去にくま取りを練習した経験もあり、「笑ってもらうことで『頑張ろう』『元気になろう』との思いを伝えたい」と、4月中旬から店のフェイスブックに変装姿の写真投稿を始めた。

 見た目のインパクトを重視。材料調達から化粧まで全て一人でこなす。レパートリーには覆面マスクをかぶったプロレスラーなどもある。「コロナで暗くなりがちな気持ちが明るくなった」といった多くのコメントが寄せられた。投稿を見て久しぶりに訪れた客もおり、「逆に自分が励まされている」と反響に驚く。

 本県は緊急事態宣言が解除され、県の独自基準に基づき外出自粛の要請なども緩和された。客も徐々に戻り始め、「ウナギも変装もお客さんの期待を超えるものを出していかないとね」と馬場さん。新型コロナで以前とは違う日常が続く中、変わらないもてなしの心で客を迎える。

無断転載・複製を禁じます
1231449 0 ニュース 2020/05/21 05:00:00 2020/05/21 05:00:00 2020/05/21 05:00:00 テイクアウト用のうな重を手渡す馬場さん(13日午前11時40分、笠間市で)=田原遼撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200520-OYTNI50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)