クッキーで一息ついて 日立

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

渡辺院長(左)にクッキーを手渡す石崎会長(21日午前、日立市で)
渡辺院長(左)にクッキーを手渡す石崎会長(21日午前、日立市で)

病院にボランティア団体

 新型コロナウイルスに立ち向かう医療従事者に感謝の気持ちを伝えようと、ボランティア団体「日立市食生活改善推進会」は21日、感染症指定医療機関の日立製作所日立総合病院(日立市城南町)に手作りクッキーを贈った。看護師ら医療スタッフに配られる。

 きなこ風味と、チョコレート味とプレーンを組み合わせた2種類の計1200枚。会員6人が市保健センターの調理実習室で焼き上げた。

 石崎浄子会長が「身を粉にして働いている皆さんに少しでもほっとする時間を持っていただけたらと作りました」と渡辺泰徳院長に手渡した。渡辺院長は「院内感染防止にあたる職員には大きなストレスがかかっている。医療物資も大切だが、このような心づくしの品は職員の心に響く癒やしとなる」と喜んだ。

無断転載・複製を禁じます
1235365 0 ニュース 2020/05/23 05:00:00 2020/05/23 05:00:00 2020/05/23 05:00:00 渡辺院長(左)にクッキーを手渡す石崎会長(5月21日午前11時2分、日立市城南町の日立総合病院で)=中瀬邦雄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200522-OYTNI50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ