読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

空襲75年犠牲者悼む 日立事業所などで黙とう

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

マスクをつけ、互いの距離を取って黙とうする社員(10日、日立市で)
マスクをつけ、互いの距離を取って黙とうする社員(10日、日立市で)

 75年前の1945年6月10日、日立製作所日立事業所(日立市幸町)の従業員634人が米軍の空襲で犠牲になった。事業所や市内の工場では10日、慰霊の行事があり、現役従業員ら約2000人が黙とうをささげた。参加者は新型コロナウイルスの感染防止のため、マスクを着用するなどしていた。

 事業所に併設した工場には終戦直前の45年6月10日朝、100機を超える爆撃機B29から1トン爆弾508発が投下された。7月17日に艦砲射撃、同19日に焼夷しょうい弾による空襲もあった。3回の攻撃で、住民を含む計1500人以上が命を落としたとされる。

 日立事業所は毎年6月10日、慰霊の行事を開いてきた。今年は感染を防ぐため、市内の霊園で慰霊碑に焼香する幹部は4人とし、例年の3分の1に絞った。従業員らは事業所で、互いに1メートル以上の間隔を保ちながら目を閉じ、戦没者を追悼した。

 日立事業所の稲川修庶務課長は「大先輩の多くの尊い命が一瞬にして失われた。ご冥福めいふくを祈りたい。慰霊行事を通して従業員一人ひとりが戦争を繰り返してはいけないと考えるきっかけにしてほしい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1270344 0 ニュース 2020/06/11 05:00:00 2020/06/11 05:00:00 2020/06/11 05:00:00 マスクをつけ、互いの距離を取って黙とうする社員(6月10日午前8時52分、日立市幸町の日立事業所で)=中瀬邦雄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200610-OYTNI50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)