読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

鹿島と水戸練習試合 開幕へ調整

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

終盤にヘディングシュートを放つ鹿島の上田選手(県立カシマサッカースタジアムで)
終盤にヘディングシュートを放つ鹿島の上田選手(県立カシマサッカースタジアムで)

 サッカーJ1・鹿島アントラーズとJ2・水戸ホーリーホックは21日、鹿嶋市の県立カシマサッカースタジアムで練習試合に臨み、各リーグの開幕戦に向けて最終調整を行った。

 45分の試合を計4回実施し、3、4回目が報道陣に公開された。3回目は、FWエベラウド選手の得点で鹿島が1―0で勝利。4回目は、水戸のFW安藤瑞季選手が味方からのパスを押し込んで先制したが、終盤に鹿島のFW上田綺世選手がPKを決めて1―1とした。試合後、鹿島のザーゴ監督は「開幕に向けて足りないところを細かく修正してスタートダッシュを切りたい」と話した。

 鹿島は27日に清水エスパルスと、水戸は28日に大宮アルディージャと、いずれもホームで開幕戦を迎える。

無断転載・複製を禁じます
1858510 0 ニュース 2021/02/22 05:00:00 2021/02/22 05:00:00 2021/02/22 05:00:00 試合終盤にヘディングシュートを放つ上田選手(鹿嶋市の県立カシマサッカースタジアムで) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210221-OYTNI50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)