読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

選抜甲子園 常総 初戦は敦賀気比

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

初戦に向けて意気込む常総学院の野球部員ら(23日、土浦市で)
初戦に向けて意気込む常総学院の野球部員ら(23日、土浦市で)

 選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会で23日、5年ぶり10度目出場の常総学院は第5日の第3試合で敦賀気比(福井)と対戦することが決まった。各校の選手がオンラインで参加した。大会は3月19日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する。

                   ◇

主将「挑戦者という気持ちで」

 土浦市の常総学院野球場では23日午後3時から、部員らが緊張した面持ちでモニターを通じて組み合わせ抽選会の様子を見守った。常総学院は出場32校のうち、19番目に抽選に参加。田辺広大こうた主将が番号を選び、対戦相手が敦賀気比に決まると、部員らは「おおー」とどよめいた。

 田辺主将は「挑戦者という気持ちで、一戦必勝で日本一を目指したい」と意気込んだ。秋本璃空りく投手は「自分たちの野球をすれば勝利はつかめる」と語った。

 島田直也監督は「敦賀気比は、うちよりも強いと思うので、必死にくらいついていきたい。一つ勝てば選手たちも自信がつくはず。とにかく初戦」と力を込めた。

                   ◇

敦賀気比 打線4割打者並ぶ

 敦賀気比は1986年創立の私立校で、野球部も同年創部。選抜大会は5年ぶり8度目の出場で、2015年には優勝を果たした。

 1年生から主力の大島正樹主将を始め上位打線は、昨秋の公式戦で打率4割超の好打者が並ぶ。左腕・竹松明良投手、右腕・上加世田頼希投手の二枚看板も安定している。

 OBにオリックスの吉田正尚、日本ハムの平沼翔太ら。

無断転載・複製を禁じます
1862454 0 ニュース 2021/02/24 05:00:00 2021/02/24 05:00:00 2021/02/24 05:00:00 選抜高校野球大会の初戦に向け、意気込みを見せる常総学院の島田監督と部員ら(2月23日午後4時23分、常総学院で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210223-OYTNI50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)