読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

県内作刀工の技 県立歴史館

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

県内で制作された日本刀を眺める来場者(28日、水戸市の県立歴史館で)
県内で制作された日本刀を眺める来場者(28日、水戸市の県立歴史館で)

 主に県内で制作された刀剣や刀装具を紹介する特別展が、県立歴史館(水戸市)で開かれている。

 展示している奈良時代~大正時代の約220点のうち約8割は水戸藩の刀工の作。2代の徳川光圀、9代の徳川斉昭が藩主の時代に生産が盛んになった。作風は多彩で金や銅、真鍮しんちゅうなどを使った刀装具が高く評価されている。4月11日までで月曜休館。入館料など問い合わせは(029・225・4425)へ。

無断転載・複製を禁じます
1874663 0 ニュース 2021/03/01 05:00:00 2021/03/01 05:00:00 2021/03/01 05:00:00 茨城県内で作られた日本刀を眺める来場者(2月28日午後2時54分、水戸市の県立歴史館で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210228-OYTNI50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)