読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ジーコ&レジェンズ 鹿嶋走る

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

リレーを終え、記念写真に納まるジーコさん(中央)ら(鹿嶋市で)=川口正峰撮影
リレーを終え、記念写真に納まるジーコさん(中央)ら(鹿嶋市で)=川口正峰撮影

 東京五輪の聖火リレーが4日、県内で始まった。初日は鹿嶋市、大洗町、水戸市など8市町で、90人のランナーがそれぞれの思いを込めて聖火をつないだ。5日は古河市や土浦市、つくば市など8市で行われる。

                   ◇

 鹿嶋市では、サッカーJ1・鹿島アントラーズのジーコさん(68)ら元選手5人が「ジーコ&レジェンズ」として最終ランナーを務めた。五輪のサッカー競技が予定される県立カシマサッカースタジアムの前を駆け抜けたジーコさんは「自分のスポーツ人生に足りなかったオリンピックがきょう達成された。言葉では足りないぐらい感謝の気持ちでいっぱい」と話した。

 小雨の中、笑顔で聖火を引き継ぎ、前走者とガッツポーズを見せたジーコさん。走り出してすぐ、脇を固めた「レジェンズ」たちが、常勝の精神やプロ意識といったジーコさんの理念を脈々と継承してきたようにトーチをリレーした。チームで主将を務めた本田泰人さん(52)から、サイドバックとして活躍した名良橋晃さん(49)へ。ゴールを量産してきた鈴木隆行さん(45)からは、現在チームのCRO(クラブ・リレーションズ・オフィサー)を務める中田浩二さん(41)が受け取り、再びジーコさんに託した。両手でトーチを握り締めてゴール地点の「ジーコ像」前に到着したジーコさんは、観覧客の惜しみない拍手に手を振って応えた。

 ジーコさんは「皆さんの喜ぶ姿や表情が感動的だったし、スポーツを通じて何らかの恩を返せれば」と語った。日立市出身の鈴木さんは「茨城、プロ生活を始めた鹿嶋でランナーを務められたのは幸せ。アスリートの皆さんが悔いのないようにプレーしてもらえればと思って走った」と感慨深げに話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2181774 0 ニュース 2021/07/05 05:00:00 2021/07/05 05:00:00 2021/07/05 05:00:00 記念写真に納まるジーコさん(中央)ら(4日午前、鹿嶋市で)=川口正峰撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210705-OYTNI50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)