読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

陸上好き中高生集まれ 水戸で来月大会

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上競技の好きな若者なら誰でも出場できる大会を――。阿見町の民間陸上クラブ「阿見アスリートクラブ(AC)」が8月、茨城陸上競技協会公認の大会「All Comers Cup」を水戸市内で開催する。阿見ACの楠康夫理事長(63)は「全てのジュニア選手が目標に向かって成果を発揮できるステージを設けたい」と語り、参加を呼びかけている。

 対象は関東地方や福島県に住む中学1年~高校3年の生徒や、こうした学年に相当する12~18歳の選手。日本陸上競技連盟などに選手登録していれば、誰でも参加できる。高校総体などとは異なり、学校の部活動に所属していなくても構わない。

 コロナ禍で大会の中止が相次いだ昨年、楠理事長は近隣のクラブチームを招いて非公認の記録会を開催した。楽しそうに走る子供たちを見たことが、今回の大会を開く原動力になった。

「楽しさ」重視、演出も

 「ワクワクする大会」を目指し、当日は演出にもこだわる。上位入賞者はもちろん、自己記録を更新した選手にも記念品を贈る。制限はあるが、現時点では有観客の開催を予定する。楠理事長は「記録の優劣に関係なく、一人でも多くの子供に陸上の楽しさを知ってほしい」と期待を込める。

 大会は8月14日、ケーズデンキスタジアム水戸(水戸市)で。出場の申し込みは7月25日まで。実施種目など詳細は大会ホームページ(https://www.amiac.club/allcomerscup)で確認できる。

運営資金の協力求める 阿見ACはクラウドファンディング(CF)で、大会の運営資金を募っている。新型コロナ対策の消毒液や、選手の記念品などに充てるという。楠理事長は「考えに賛同していただいた方と一緒になって大会を作っていければ」と話している。

 CFは23日まで。専用サイト「レディーフォー」(https://readyfor.jp/projects/allcomerscup2021)で受け付ける。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2187802 0 ニュース 2021/07/08 05:00:00 2021/07/08 05:00:00 2021/07/08 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)