読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

土用の丑の日 ウナギ持ち帰り注文4倍

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

香ばしく焼き上がったかば焼き。「うなぎうめ川」では午前4時から作業を続ける(27日、水戸市で)
香ばしく焼き上がったかば焼き。「うなぎうめ川」では午前4時から作業を続ける(27日、水戸市で)

 土用の うし の日(28日)を前に、県内の料理店などは27日、仕込み作業に追われた。

 水戸市島田町の老舗「うなぎうめ川」では約1000匹の国産ウナギを用意し、26日から下焼きやたれの仕込みを行ってきた。店によると、今年はコロナ禍による外出自粛の影響や、東京五輪を自宅で観戦する人が多いとみられ、持ち帰りの注文が例年の4倍になる見込みという。

 価格は、やや手頃だった昨年並みで、店主の清水安彦さんは、「ウナギを食べて、暑い夏とコロナに打ち勝ってほしい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2241045 0 ニュース 2021/07/28 05:00:00 2021/07/28 05:00:00 2021/07/28 05:00:00 香ばしく焼き上がったウナギの「蒲焼き」(水戸市で)=寺倉岳撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210728-OYTNI50010-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)